学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

女子学生会館の家賃はどのくらい?東京近郊の相場を調べてみた

女子学生会館 家賃

新しく始まるキャンパスライフに期待を膨らませつつも、初めての一人暮らしがちょっぴり不安。そんな女子学生にピッタリなのが女子学生会館です。一人暮らしと違って同じ女子学生が集まって住んでいるので、新生活の不安や悩みを共有できるのが大きな強みです。そんな女子学生会館ですが、やはり気になるのは家賃です。

今回は東京近郊の女子学生会館の家賃相場を調べてみました。東京の大学に進学予定の方は必見です!

女子学生会館の特徴

女子学生会館は女性専用の学生会館です。防犯設備をはじめとするセキュリティが充実していて、集団生活に近いにぎやかな生活環境が特徴です。

充実したセキュリティ設備

女子学生会館のセキュリティは基本的にかなり充実しています。インターホンや防犯カメラはもちろん、管理人常駐の物件もあるので、キャッチセールスや新聞の勧誘などをシャットアウトできます。一人暮らしと比べるとかなり安心感がありますね。

女性だけという安心感

普通の学生会館と異なり、女子学生会館に住めるのは女性だけです。男性や素性の知れない人はいないので、女性だけで安心して生活できます。

また、大学の学生寮と違って女子学生会館は民間の会社が運営しています。自分の通う大学の学生だけでなく、女子学生会館からアクセスしやすい他の女子学生が住んでいることも珍しくありません。そのため交流の幅が広がり、友人関係があちこちにできて楽しい女子学生会館生活を送ることができます。交友関係が広がることで更に充実したキャンパスライフを楽しめますね。また、女性に配慮したサービス・工夫が充実した物件もあるので要チェックです!

東京近郊の家賃相場

それでは実際の家賃相場を見ていきましょう。大学別だと膨大な数になってしまうので、今回はJRの路線別で物件が比較的多い中央線と山手線の家賃相場を調べてみました。女子学生会館選びの参考になれば幸いです。

JR中央線沿線

中野、吉祥寺、荻窪や三鷹など、JR中央線沿線には若者に人気の街が多くあります。女子学生会館の物件数も東京近郊では一番多い51件もあり、選択肢として最も充実している路線でしょう。家賃としても比較的安いものが多く、平均的な相場は30,000円から50,000円台ですが、安い物件は25,000円からあります。

しかも安いからといって設備が整っていないわけではなく、改装したてのところや商店街の近くの立地のいい場所も揃っているので、安心して新生活を始められます。高いところだと90,000円台のところもありますが、築年数が浅く設備も充実しているので無駄に高いわけではありません。

JR山手線沿線

山手線沿線の魅力は、なんといっても都心へのアクセスのしやすさです。渋谷や新宿、池袋や秋葉原などの若者の街を中心に様々な方面へアクセスしやすい山手線沿線は地方から上京してくる女性にもオススメです。

物件数は中央線に次いで多い22件。気になる家賃相場ですが、最安で38,000円と中央線沿線に比べると割高ですが、立地やアクセスを考えると決して高くはないでしょう。値段の高い物件だと100,000円のところもありますが、全体的には60,000円台が平均的な家賃相場のようです。

まずは検索!

今回調べた情報は全てがくるーむのウェブサイトに載っています。気になる場所や物件があれば、より詳しい情報を見てみましょう!最寄駅や大学別で検索できるので簡単ですよ。

ちなみに「こだわり検索」を使えば、家賃の上限や最低限欲しい設備、築年数で選別することが可能です。例えばセキュリティにこだわりたい人は管理人常駐の物件を探せますし、自炊が不安な人は食事付きの物件を探せます。簡単に自分に合った女子学生会館を探すことができるのでオススメです!

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809