学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

賃貸で狭い部屋の収納方法のアイディア

学生用の賃貸住宅は、ワンルームや1Kなどの比較的狭い部屋の場合が大半ですが、少しでも部屋を広く快適に使う方法はないものでしょうか?
そこで、部屋のスペースを有効に使うことができる収納方法について探ってみることにしましょう。

収納付き家具を選んで収納スペースを確保

お部屋のスペースを有効に使うためには、収納付きの家具を選ぶことも大切になります。
ベッドやソファなどの大型家具を置く場合は、ベッドの下やソファの座面の下に収納の引き出しやボックスがついたものを選ぶことで、収納スペースを確保することが可能になります。
この場合は収納したいものによって、どのようなタイプの収納が向いているかが決まります。自分がどのようにスペースを活用したいのか、具体的に決めておくと良いでしょう。
たとえば引き出しタイプの収納がついたものであれば、衣類やリネン類を収納するのに向いています。
また仕切りのない広めの収納スペースの場合は、スキー用具などのような大型のものを収納するのにぴったり。
ほかにもロフトタイプのベッドの場合はベッド下の高さがあるため、棚やチェストなどある程度場所をとるような家具を置くことも可能です。

細身のハンガーを使って収納力アップ!

衣類の種類によって合うハンガーは変わりますが、ワードローブの限られた収納スペースを活かして収納力をアップするためには、細身のハンガーを使うといいでしょう。
スリム設計のハンガーでも滑りにくいタイプのものをチョイスすることで、型崩れなども防ぐことができます。
また使うハンガーは同じタイプのものにすることで、見た目もスッキリとして統一感のある整理された印象になるでしょう。
とはいえ、衣類は気づけばつい増えてしまっていることが多いもの。そのため、定期的にワードローブの棚卸しをすることも大切なポイントになります。
買ったけれども一度も着ていないものや、好みが変わって着なくなってしまったものなどは思い切って処分することをおすすめします。

隙間やデッドスペースを収納スペースに

小物類の収納スペースとしておすすめなのが、クローゼットのドアの裏側やテーブルの下などを利用することです。
たとえばクローゼットのドアの裏側にフックを取り付ければ、バッグやアクセサリーなどが掛けられます。またテーブルの下のスペースはラックや積み重ねタイプのボックスを置いて収納スペースを作ることもできるでしょう。
フックやラック、ボックスも100均などで手軽に手に入れることができます。
収納できるスペースが限られているけれど、もっと効率的に収納したいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

がくるーむでは、機能的な収納があるお部屋もご用意していますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ:一人暮らし タグ:,

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。