学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

一人暮らしのインテリア実例まとめ

一人暮らしインテリア実例

一人暮らしは自炊や光熱費の支払いなど、初めてのことが多いので、最初は大変です。でも、その分楽しい面もたくさんあります。インテリアがその一つです。自分の住まいを自分の手でアレンジするなんて、考えただけでワクワクしてきませんか?今回は初めて一人暮らしを経験する新大学生の方のために、インテリア配置の実例をまとめてみました。

まずは基本から

一人暮らしの自分の部屋をカスタマイズする前に、自分が普段どのような生活を過ごしているのかを思い浮かべてください。自分が一番快適に感じる場所や、テレビは寝転んで見るなど、自分の生活習慣を洗い出してみましょう。それによって、部屋の雰囲気や必要なものがわかってきます。

そして次に、リビングの大きさを把握しておきましょう。購入する家具の大きさに迷わなくなりますし、空間的な制約が分かれば、コーディネートの仕方がある程度浮かんでくるのではないでしょうか。

基本を確認したところで早速いくつかインテリア配置の実例を見ていきましょう。

テーマに沿ったインテリア

まず大まかなテーマを決めてからインテリアを配置していくのも一つの方法です。

リラックスできるインテリア配置

とにかく家ではリラックスしたい方は、部屋を落ち着きのある雰囲気にしてみてはいかがでしょうか。家具はダーク系のブラウンで統一し、家具は目線の低い場所に配置してあるので、くつろぎやすくなっています。

ストレスの感じない部屋づくりをするためには、インテリアの色使いに統一感を出すことが重要です。色は3色に押さえることで、統一感を出すことができます。ストレスのない環境でゆっくり昼寝できれば最高ですよね。部屋に大きなソファを配置すれば昼寝にも最適です。

人が集まるインテリア配置

一人暮らしの大学生の楽しみの一つが、友達を呼んでのパーティーですよね。丸テーブルを中心に置いて、座れるスペースを多く残しておけば、いつでも友達を呼ぶことができますよ。たこ焼き器、鍋、ホットプレートを常備しておけば、大勢で楽しむことができること間違いなしです。

シンプルなインテリア配置

シンプルな雰囲気を好むあなたには、物と色使いを極力少なくしたインテリア配置がお勧めです。目につく家具を出来るだけ少なくすれば片づけも掃除も楽ちんですね。

実用的なインテリア配置

「どんなテーマにすればいいのかわからない…」「そもそも部屋が狭いし…」というあなたのために、狭い空間でもオシャレにできる、より実用的なインテリア配置もまとめてみました。何をどう配置すれば部屋が広く感じるか、一人暮らし初心者の方でもわかりやすい実例を紹介していきます。

コの字になるように家具を配置

ベッドを窓際に置いて、ベッドの両側に家具を配置していけば、コの字の出来上がりです。こうすることにより、部屋をすっきり見せることができます。

テーブル無しの部屋

一人暮らしの部屋にどうしてもソファを置きたい方の中には、テーブルを置くスペースが無いこともあるのではないでしょうか。そんな時は思い切って、テーブルをあきらめましょう。テーブルが無くてもソファとセットになっているスツールをテーブルの代わりに使うこともできます。

壁沿いを有効に使う

狭い空間を有効に利用するためには壁面収納がおすすめです。また、収納は壁沿いに集中させることで部屋を広く見せることができます。

まとめ

新大学生の方の中には「自分はセンスがないから…」と心配している方も多いと思います。しかし、心配は無用です。一人暮らしのインテリアの実例を参考にして、部屋作りをしていけば大丈夫です。せっかくの一人暮らしなので、楽しんで自分の部屋をアレンジしてみてください。

今回の記事で紹介したインテリア配置の実例はほんの一部です。興味のある方は友達に相談したり、ネットで調べてみて下さい。必ずあなたに合ったインテリアの配置が見つかるはずです。

カテゴリ:一人暮らし タグ:

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。