学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

学生の一人暮らし、生活費はどのくらい?

学生の一人暮らし、生活費はどのくらい?

一人暮らしにかかる生活費、一体どのくらいなのか気になりますよね。
ここでは、学生の一人暮らしに必要な生活費にはどんな項目があるのか?またそれぞれの費用の目安は?といったことについて見ていきましょう。

継続的にかかる生活費

一人暮らしの生活費は、普通に毎日を送るだけでも、1ヶ月あたりおよそ10万円~15万円くらいかかると言われます。
まずはその項目と平均的な金額をリストアップしてみます。

家賃

6万円~8万円。

食費

2万円~3万円。外食が多い場合は5万円以上になることも。

電気代

3千円~5千円。冷暖房費のかかる夏・冬は、春・秋に比べて高くなりやすい。

ガス代

3千円~5千円。プロパンガスの方が都市ガスより高め。

水道代

2千円~3千円。物件によっては定額の場合も。

日用品費

3千円程度。トイレットペーパー、シャンプー等の消耗品の購入費。

電話代

3千円~7千円。携帯やスマホ代金。

家賃は固定ですし、一人暮らしの場合は光熱費を大きく削減することは難しいので、生活費を節約するにはやはり食費を抑えることが大切です。一般的には、外食よりも自炊の方が費用はかかりませんが、食材の買い過ぎなどで無駄を出さないよう気をつけましょう。

場合によってかかる生活費

上記のような費用に加え、一人暮らしの生活費には、場合によって必要となるものも色々あります。

医療費

風邪で内科にかかると1回で2千円程度。

交通費

住まいと大学に距離がある場合は交通費が必要。

ネット代

自宅PCでネットをするための回線費用など。

車関連費用

車がある場合に発生する費用。駐車場代、ガソリン代、整備費など。

被服費

洋服や化粧品、美容院代などおしゃれにかかる費用。

交際費

飲み会1回あたり3千円くらいが目安。

娯楽費

書籍の購入や趣味の習い事など。

一人暮らしで病気やケガをすると大変ですし、医療費を抑えるためにも日頃から健康と安全には充分注意したいですね。ネット代については、スマホのテザリング機能を利用するなどして節約も可能です。

また被服費・交際費・娯楽費などは、ほんの少し油断しただけでもすぐに使い過ぎになりやすいもの。いつの間にか生活費が無くなっていたなどということのないように、あらかじめ1ヶ月分の上限を決めておくなど、自分で工夫してしっかり管理することが大切です。

急な出費に備えて貯蓄も

一人暮らしの生活費について見てきましたが、意外にお金がかかると感じた人も多いのではないでしょうか。

実際に生活していく中では、急な入院や友達との旅行などで、ある程度まとまったお金が必要になることも出てきます。そうした際に備えて、できるだけ貯蓄もしていきましょう。そのためには、自分の生活費の項目と金額をつねに把握しておき、日頃から計画的な支出を心がけることが大切です。

カテゴリ:一人暮らし タグ:,

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。