学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

一人暮らしの初期費用、少しでも抑えるには?

一人暮らしの初期費用、少しでも抑えるには?

もうすぐ一人暮らしを始めるという人の中には、初期費用が気になっている人も多いのではないでしょうか。
今回は一人暮らしの初期費用の内訳と、金額をできるだけ抑えるためのポイントについてご案内していきます。

初期費用の目安はどのくらい?

一人暮らしを始めるための初期費用、その目安は地域によって差はありますが、およそ50万円~70万円程度と言われています。その主な内訳としては、以下のとおりです。

部屋を借りる契約のための費用:25万円~45万円程度

引っ越し費用:3万円~7万円程度

家電などの購入費用:10万円~15万円程度

次では、それぞれの費用の詳細と、安く抑えるポイントについて見ていきましょう。

部屋を借りる契約のための費用

初期費用の中でもっとも割合が高いのは、部屋を借りるためにかかる費用です。
アパートやマンションの部屋の賃貸契約では、次のような諸費用を一括で支払うのが一般的です。

費用の詳細

【敷金】
部屋の補修費や家賃滞納時の保証などを目的とした預け金です。退去時に一部を除き戻ってくることも。
家賃の1ヶ月~2ヶ月分が相場となっています。

【礼金】
大家さんへ支払う費用で家賃の1ヶ月分が相場。こちらは敷金とは違って戻ってきません。

【仲介手数料】
部屋探しの手数料として不動産業者に支払う費用。家賃の1ヶ月分が相場です。

【前払い家賃】
部屋に入居した月の日割り分+翌1ヶ月分の家賃を支払います。

【火災保険その他】
賃貸物件では、火災保険の加入が必須となっているのが一般的です。金額の目安としては2年間で1万5千円~2万5千円程度です。また、保証人がいないなどの理由で保証会社を利用する場合は、そのための費用も発生したり、物件によっては鍵の交換費用なども必要になることがあります。

安く抑えるために

最近では、敷金や礼金が相場より低い、あるいは“無し”といった物件も多くなっています。仲介手数料についても不要な場合も。こうした条件の物件を選ぶことで、初期費用を大幅に削減することができます。
また、常識的な範囲であれば、契約時に値引き交渉してみるのもいいでしょう。

引っ越し費用

引っ越しのための費用は、業者に依頼すると移動距離に応じて3万円~7万円程度かかります。

安く抑えるために

家族に手伝ってもらってレンタカーなどを利用して自分で運べば、2万円程度に抑えることができます。また荷物の量によっては、宅配便で送った方が安い場合もあるので、事前に見積もりをとってよく検討しましょう。

家電などの購入費用

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどは一人暮らしの必需品です。この他に、物件によっては照明器具やエアコンが必要な場合があり、それらすべてを合わせると、およそ10万円前後の費用がかかります。

安く抑えるために

初期費用を抑えるには、どうしても必要なものだけを吟味して、入居時の購入を最小限にするのがポイントです。
また物件によっては部屋に家具や家電がついている場合もあり、そうした物件ならばこれらの費用はかかりません。

暮らしやすさも大切

一人暮らしの初期費用としては、予想以上にまとまった金額が必要となります。
ご紹介したようなポイントを考慮しながら、できるだけ安く抑えるようにしたいですね。

ただ、とにかく初期費用を抑えようとするあまり「アパートの設備が古すぎてつらい」「郊外で家賃は安いけど交通費がかさむ」などといった問題が起きないよう、暮らしやすさも充分に検討することが大切です。

カテゴリ:一人暮らし タグ:,

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。