学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

学生寮の部屋ってどんな感じ?

学生寮の部屋ってどんな感じ?

学生寮では、大学1年生から4年生までの学生が、共同生活を送ります。アパートとは部屋の作りが違っているので、入寮前にはしっかりと確認するようにしましょう。

今回はそんな学生寮の部屋の特徴をまとめてみました。

そもそも学生寮とは?

学生寮には、いろいろな学校に通う学生が入寮します。新入生から4年生までが共同生活を送り、食事が出る寮も多くあります。普通のアパートとは部屋の構成も違います。

最初は少し、学生寮の生活を不便と感じるかもしれません。しかし、先輩・後輩との交流も盛んで、一生涯の友人を作れるでしょう。

学生寮の部屋の特徴

学生寮の部屋の作りはどうなっているのか、あまり知られていないのが実情ではないでしょうか。中学や高校が全寮制だった方はまだしも、大学で初めて寮生活を経験するという方は、なおさらです。

それでは、学生寮の部屋の特徴を1つずつ見ていきましょう。

特徴1:家具が少ない

学生寮は格安で入寮できる代わりに、家具が非常に少ないのが特徴。場所によっては、ベッド、ロッカー、机が置いているだけという寮もあるようです。

アパートで1人暮らしする場合と同じで、必要最低限の家具は自分で用意しましょう。

特徴2:和室と洋室を選べる

学生寮にも和室と洋室の2パターンがあります。大抵は六畳一間が普通で、どちらかを選択することになります。

しかし、寮によっては和室6畳+洋室6畳を1人で使用することもできます。その場合、家賃はもちろん割高になります。自分に合った部屋を選びましょう。

特徴3:共有スペースがある

学生寮の部屋で最も大きな特徴の1つが、共有スペースです。個室の場合、その部屋は自分だけの空間なので、プライベートは確保されています。

台所や浴室、寮によってはトイレと洗濯機も共用になっている場合があります。これらの共有スペースは共同生活には欠かせないものであり、学生同士の交流の場にもなっています。

食事が付くという特典も

おまけですが、学生寮には食事が付くことも少なくありません。お金の無い学生にはありがたい特典です。寮生と一緒に食堂でにぎやかにご飯を食べられるのも魅力ですね。

学生寮の情報ならがくるーむ

日本全国にさまざまな学生寮があるので、地域ごとに多少の違いはあります。

しかし、最近の学生寮の傾向を見ると、完全個室、家具家電付きの寮も増えてきているので、学生にとって非常に恵まれた環境が整ってきているはずです。

がくるーむには、全国の学生寮の情報が網羅されているので、来年の春から大学に進学する高校生の方や、学生寮への入寮を考えている大学生の方も、ぜひ1度チェックしてみてください。

カテゴリ:学生寮 タグ:

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809