学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

学生寮は自分に合ってる?知っておきたいデメリット

学生寮は自分に合ってる?知っておきたいデメリット

初めての一人暮らし。学生寮とアパートで迷っている方も多いのではないでしょうか。

自分に合った一人暮らしのスタイルを知るためにも、学生寮のデメリットについても把握しておきましょう。

学生寮のメリット、デメリット

家賃の安さや、健康を考えた食事が提供されるなどのメリットがある学生寮。親御さんに学生寮をすすめられている方もいると思います。

確かに学生寮は、同じ大学生とのつながりを得やすく、家具、家電が揃っているのですぐに新生活を始められます。しかし、この学生寮もメリットばかりではありません。

以下の2つのテーマで学生寮のデメリットを紹介します。

1.規則
2.共同スペース

学生寮には共同スペースがある

初めての一人暮らしの方は、新しい場所で自分の生活ペースをつかむのは難しいものです。

食事から掃除、買い物まで全て一人でしなくてはいけませんが、学生寮であれば、食事は作ってくれるし、家具、家電の買い物は必要ありません。

確かにその点で学生寮は便利ですが、その分共同スペースをうまく使わなければいけません。食事の場、調理場、洗濯機などは共用の場合が多く、煩わしいと感じる方もいるでしょう。

学生寮は家賃を安くするためにも、共同スペースを設けることで費用を抑えています。そのため、自由に振る舞いたいという方には、一人暮らしをおすすめします。

安さや便利さ、もしくは自由度で選ぶのか。学生寮とマンションを選ぶ際のポイントとなりそうです。

学生寮には規則がある

学生寮のもうひとつのデメリットは、規則を守らなければいけない場合があることです。

飲み会やバイトなどで帰りが朝になってしまうことも多い学生時代。しかし、学生寮には門限がある場合が多く、自由に外出することが難しいため、時間が遅い飲み会にも参加しにくくなりそうです。

一方で、そうした規則は半強制的に自分の生活リズムを整え、食事の面でも健康を守ってくれます。

学生寮のそうした規則をメリットと捉えるか、デメリットと捉えるか。自分に合った生活をするために、どこを重要と考えるのかが大切になります。

一人暮らしは学びの場

一人暮らしは学びの場です。自分のペースで生活するには、共同スペースや決まり事により、不快に感じることがあるかもしれません。

学生寮の充実した設備はメリットでもありデメリットなのです。自分でやって初めて気づくことがあり、そこから得た経験は大学の講義以上に実用的で、これからの生活に役立つことがあるでしょう。

実生活の勉強も含めてマンション、アパートの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしは学生マンションで

一人暮らしのイメージは固まってきたでしょうか。学生寮のメリットよりも、自分でいろんな事を決めたいという方には学生マンションがおすすめです。

学生マンションは学生だけの賃貸なので、友達もできやすく、またセキュリティー面も安心です。

新しい場所で、様々な失敗もしながら成長していきましょう。がくるーむでは、全国各地の学生マンションを紹介しています。がくるーむで自分にあった学生マンションをみつけてみてください。

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。