学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

空き巣に狙われない学生マンションとは?

学生マンション 空き巣

自分のマンションに空き巣が入られたことを想像してみてください。真っ先に思うことは、部屋がどうなっているか、だと思います。恐る恐る部屋を調べると、通帳がなくなり、家電が壊されたら最悪ですよね。このようなことが起きないためにも、空き巣に巻き込まれない学生マンション選びのポイントと、実際に住みはじめてからの対策ポイントを紹介します。

空き巣に入られにくい学生マンション選びのポイント

空き巣に入られない学生マンション選びのポイントを紹介する前に、どのようなマンションが空き巣に狙われやすいか考えてみましょう。考えることで、防犯意識が高くなり、空き巣に狙われにくいお部屋を選ぶことができます。ここでは、学生マンション選びのポイントとして、空き巣に狙われやすいマンションの特徴を紹介します。

空き巣に狙われやすいマンションの特徴は以下の3つです。

空き巣に狙われやすいポイント1.侵入場所が見えづらい位置にある

侵入場所が見えづらい場所では、空き巣に狙われやすくなります。なぜなら、人目につきにくく、身を隠すことが容易にできるからです。ブロック塀が高いところやたくさんの植木があるところは要注意です。

空き巣に狙われやすいポイント2.簡単に侵入できる

ハンマーで1回か2回で割ることのできる窓ガラスや、簡単にピッキングできるような鍵では、短時間で侵入されてしまいます。鍵は取り替えることができます。取り替えをする際は、ピッキングや解錠しにくいものを選びましょう。
空き巣は、侵入場所が見えにくいところ、かつ、簡単に侵入できるところを狙います。もし、この2つに該当する学生マンションがあるならば、避けたほうが無難でしょう。

空き巣に狙われやすいポイント3.防犯装置がない

最近のマンションでは、センサーライトや非常口に防犯カメラがついています。しかし、築年数が高いマンションは、防犯装置がついていないところがほとんどです。空き巣からしてみれば、センサーライトや防犯カメラがあるところでは、侵入しづらくなります。そのため、学生マンションに防犯装置があるか、ないかでは空き巣の予防に大きな差があります。

学生マンション住みはじめの対策ポイント

実際に学生マンションに住みはじめたころは、家事や自炊、学校の通学などすべて一人でしなければならず、何かと大変です。一方で、そのころ空き巣はあなたたちの「すき」をいつも狙っています。空き巣に「すき」を見せないためにも、簡単な対策法が2つあるので実践してみてください。

空き巣対策1.留守かどうか確認しにくくする

空き巣に入るときは、いうまでもなく部屋に人がいない時間です。その時間を決める手がかりとなるのが、郵便受けや電灯などです。郵便受けに新聞紙やハガキが溜まっていると、長期間不在であると判断することができます。電灯は、夜不在かどうかを容易に確認できます。そして、電灯を消灯している時間が長いと空き巣に狙われる可能性が高くなります。

対策として、長期間家を留守にするときは、あらかじめ大家さんにそのことを伝えておきます。そうすることで、郵便物を定期的にとってくれます。電灯は長期間留守のとき、つけることができません。しかし、ちょっとした外出のときは電灯をつけておくと効果的です。

空き巣対策2.近所付き合いをしておく

空き巣が侵入するときに一番嫌うのは、人に見られることです。もし、空き巣が人に見られたら、警察に通報されるかもしれないという不安を持ちます。そして、部屋に侵入するのを、断念する場合はよくあります。一方で、近所付き合いが少ない人の部屋に侵入するときに、見られても不審な行動でなければ、怪しまれることは少ないでしょう。
対策法:この場合、近所付き合いができる人なら問題ありません。近所付き合いが苦手な方は、すれ違いのときに挨拶をするだけでもかなり違います。あいさつするときに顔や体型など、うろ覚えでも覚えてくれるので、積極的に挨拶しましょう。

日頃の行動が大切

学生マンションを選ぶ際に、防犯設備が整ったマンションを選ぶことは自身を安心させます。しかし、安心しすぎると、思わぬところで「すき」を出してしまいます。「すき」を見せないためにも、日頃の防犯対策が重要となってきます。当たり前のことですが、家を出るときに鍵をかけます。もし、鍵をかけなかったら、空き巣にとってかっこうの場所です。今回挙げた対策法も含め、当たり前のことをしっかりすることが、最強の防犯対策になります。

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。