学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

受験勉強のストレスの乗り越え方は

思ったように勉強がはかどらなかったり、合格のプレッシャーに押しつぶされてしまいそうになってしまったりと、受験勉強でストレスを感じてしまうことは多いものです。
受験勉強のストレスを上手に乗り越える方法について探ってみることにしましょう。

ストレスとは

まずは、ストレスについて調べてみることにしましょう。
ストレスによって心や体に起きる反応は、ストレッサーと呼ばれる外部からの刺激(ストレス要因)から影響を受けた結果、起こる反応のことだそうです。
また、ストレッサーには色々な種類や強さが存在するそうです。また、同じ種類で同じ強さのストレッサーを受けたとしても、受ける人次第でストレス反応は異なるのだそうです。
たとえば、コップの中のジュースひとつをとっても、ある人はもうこれしかないんだ…とネガティブに捉え、ある人はまだこんなにあるんだ!とポジティブに感じます。
このように同じひとつの事柄であっても、ある人はとても深刻に受け止め、ある人にとってはあまり気にならないことがあるものです。
これは、それぞれの人によってストレスに対する耐性が違うためと言われています。
つまりストレスは、それを受ける側の意識や耐性、そのときの心の状態によっても受け止め方が変わってくるものということになります。

ストレスの対処方法

次にストレスの対処方法について調べてみることにしましょう。
ストレスの原因(要因)を減らしたり、無くしたりすることができれば良いですが、受験勉強の場合、それはなかなか難しいでしょう。
ストレスの原因を根本から取り除くのが難しい場合にできるストレスの対処法には次のようなものがあります。

話を聞いてもらう

受験勉強にストレスを感じていることがあれば、誰かに話を聞いてもらうことでスッキリすることもあるものです。話を聞いてもらう相手は家族でも友人でもOKです。
誰かに話を聞いてもらうことで、具体的に受験勉強のどういう面にストレスを感じてしまっているのか分かるかもしれません。
ストレスを感じている部分が何か分かればそのストレスを軽減したり和らげたりする方法が見つかりそうです。

リフレッシュ時間を設ける

受験勉強期間は半年、1年以上と長期間にわたるものです。
一日中受験勉強漬けのような生活を長期間続けることは、効率面やモチベーション面を考えると賢明な方法とは言えないでしょう。
集中時間を維持し続けていくことは難しいと言われています。一般的に人間が集中できる限度は90分と言われていますから、効率良く受験勉強を行なっていくためにも、気分転換のための時間を設けることは大切になります。

休憩の間にストレッチなどで軽く体を動かすことで、疲れを吹き飛ばし、眠気を覚ます効果も期待できそうです。
体を動かすことが苦手という方は近くを散歩したり、深呼吸をしたりするだけでも良い気分転換になることでしょう。
また、思い切って1日だけ受験勉強をしない!と決めて、その時間を思いっきり楽しむのも良いかもしれません。

受験勉強のストレスを乗り越える方法についてみてきましたが、頑張って入学した後に学生生活をストレスなく過ごすには、良い住環境であることは欠かすことのできない条件のひとつでしょう。
そんなお部屋選びは、がくるーむにお任せ下さい。

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。