学生のお部屋探し がくるーむ
0120-972-809

証明写真をキレイに撮るコツ

証明写真はパスポートや学生証、マイナンバーカードなどの身分を証明するためだけでなく、履歴書など大事な書類にも貼付する機会が多くあります。
大切な場面で他の人が目にすることの多い証明写真ですから、できればより美しく撮りたいもの。
証明写真をキレイに撮るにはどんな点に気をつければよいのか、そのコツを探ってみることにしましょう。

証明写真をキレイに撮るコツ~その1~

難しいと思われがちな証明写真ですが、実はちょっとしたコツを押さえるだけで、印象がガラリと変わって来ます。
まずは、証明写真を撮影するために正しい姿勢で椅子に腰かけるところからスタートしましょう。
背筋を伸ばしてウエストの辺りから頭のてっぺんまで一直線につり上げられているような感覚と言えば分かりやすいかもしれません。
そして肩の線が平行になるようにすればOKです。

証明写真をキレイに撮るコツ~その2~

鏡を見ながら、清潔感のあるように身だしなみを整えましょう。髪型や服が乱れていたり、顔に目やになどがついていたら、印象が悪くなってしまいます。
その次は顔の表情全体を左右する口角の位置を調整しましょう。口角をアップすることで少し微笑んでいるようなイメージになります。
このとき不自然にならないためには、口角が自然に持ち上がるようにキュッと上げ、唇を閉じてみましょう。ほんの少し口角を上げることで表情に締まりも出て、誠実さが伝わる知的な雰囲気の仕上がりにすることができます。

証明写真をキレイに撮るコツ~その3~

スナップ写真などで目を閉じてしまって残念な写真になってしまった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
目は印象を大きく左右するものですから、証明写真の撮影では特に注意するようにしましょう。
シャッターを押す直前まで目を閉じてシャッターを押すときに目を開けるという方法や、カメラのレンズをじっと見つめたり、まぶたに少し力を入れて目を開けたりと言った方法があります。
いくつか試してみてあなたにあった方法を見つけておきましょう。

証明写真をキレイに撮るコツ~その4~

写真全体を明るくより立体的に仕上げるためには、影を消すことも大切なポイントとなります。
本格的な写真撮影を行うときには、「レフ版」と呼ばれる白い板のようなものを使って光を反射させて影を消します。
証明写真を撮影するときにもこの方法を応用して、膝の上に白い紙や白いハンカチなどを広げておくことで簡易レフ版の役割を果たして写真の仕上がりがグンとアップするでしょう。

証明写真をキレイに撮るコツについて見てきましたが、なかなか満足の行く証明写真が撮れない!と思っている方は、ぜひ、試してみて下さい。

がくるーむでは、進学で新たな生活をスタートさせる方にピッタリのお部屋をご用意していますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリ:大学受験について タグ:

TOPへ戻る

マンション名、フリーワードで探す
フリーコール 0120-972-809
がくるーむは不動産仲介業ではありません。したがって、がくるーむに対して直接費用の支払いは発生しません。